FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.10 ドロドロ
先日超久しぶりにゲーセン行って音ゲーやったら、復帰したくて仕方なくなってきたKUREHAです、こんにちはっ!
これ以上やりたいこと増やしたら睡眠時間削らないといけないので我慢だ…w
気を紛らわすために音ゲ曲聞いてますが、ますますやりたく…逆効果でした/(^o^)\

thunderいいよ、thunder…(´;ω;`)ブワッ

何となく時間があったのでこんなものをやってみました
初恋の人からの手紙だそうです



くれは、元気?
今でも玉の輿に乗る夢を追いかけていますか?「私は勝ち組になる」って毎日言っていたくれはをなつかしく思います。

泣きじゃくるくれはが「好きだけど寂しいから別れる」と言って自分から連絡を断ったあの日から、もう8年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。ただ部屋の掃除をしていたらくれはからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせたかな。

今さらだけど、おれはあまりくれはのことを分かってあげられなかったなぁと思っています。寂しがりだったくれはに「寂しさは気の持ちようだ」と言って冷たく突き放していたし、「もっと強くないと疲れる」とよく言っていた記憶があります(でも強い女は嫌いなんだけど…苦笑)。本当はおれも自分に余裕がなかっただけで、弱いところも好きでした。

あ、そういえばくれはにとっては、あれが初恋だったのかな?だからか、付き合ったばかりのころは、やけに不安げな顔をしていたのを覚えています。「私のこと遊び?ちがうよね?」って何度も聞いてきて、そういえばその質問が面倒でもありました(笑)。

付き合ったばかりのラブラブだったころ、くれははいつも「私のどこが好きなの?」なんて確認していましたね。どこがとかいう問題ではないと思うけれど、プレッシャーに負けて「顔」と答えていた記憶があります。回答が下手でごめんなさい。

恋愛を総合的に考えれば、おれはくれはと付き合えてよかったなぁと思います。いつも不安げで泣き虫なくれはと付き合うことで、自分が強くなるということを学べたように思えます。

いろいろ書いたけど、おれはそんなくれはのことが好きでした。これからもくれはらしさを失わないよう、あと、そろそろ顔だけで男を選ぶのはやめて(笑)、誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. お腹の肉を丸く掴んで「タコヤキ」とかやってたよね…。



PS自重www
自信がないので「遊び?」とか「どこが好きなの?」とかよう聞いてた気がするなぁ…ちょっとグサッときましたとさ

追記は遅くなりましたが、Gv体験記

前の日記にも書きましたが、今週は初めて別ギルドさんで参加させてもらいました
掲載許可は昨日いただきました

許可もらいましたw

記事タイトルしたよっ!

参加させていただいたギルドは爆裂乙女団さんです
知り合いさんがいるギルドだったので、全く知らないところにいくよりも気が楽…!と、いう事でお邪魔しました

今週は乙女さんで参加っ

GW中だったせいもあってか?この週は参加者が少なかったみたいです、マスタさんもこの日は欠席

れーすれーす

序盤は二手に分かれるという事で、私はLKさんとペアで砦を回りました

LKさんとペアとか迷子確定じゃないか!!

という不安は

見事に的中www

普段DKさんではあんまり行かないLとか…めっさ複雑で心が折れそうになったB3とか初めて行って迷いまくりました_/乙○_
でも親切に道を教えてくれたLKさんに超感謝です…(´・ω・`)あれ、私足引っ張りまくり…?w

ついてくのでやっと…

はぐれないようになんとかついていって

眺める

殴ってるところを眺めます

殴るの楽しそうだなぁ

眺めます

眺める2

眺めます、たまにSWとか置いたり…?

殴ってみる

くれはさんも殴るんだっ!wって言われたので殴ってみましたw

サンクがあって感動

やることって言ったら、LKさんはバサクするのでベースに戻ってきてからのSP譲渡くらい…かしら…(゜∀゜;)
そんなこんなで後半は全員合流して、レース会場を突撃してきました
残念ながら砦は確保できませんでしたが、指示が早くて色んな砦を沢山回れて楽しかったです!

突然お邪魔したにも関わらず、親切に色々と教えてくださったGの方々に感謝です、ありがとうございました
Secret

TrackBackURL
→http://kureha31.blog105.fc2.com/tb.php/154-601d7287
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。